ジェームズ・クラーク

社会

ジェームズ・クラーク

じぇーむずくらーく

(James H. Clark、1944年3月23日 - )

アメリカ合衆国実業家

来歴

テキサス州プレインビュー生まれ。貧しい家庭に育ちながらも、努力を積み重ね、カリフォルニア大学で、次にスタンフォード大学で教鞭をとった。専門は3Dのビジュアライゼーションとコンピュータ・グラフィックスだった。起業家としては3社を上場させた。

1982年、学生たちとともにシリコングラフィックス (SGI) を創業した(SGI1990年上場、2006年に連邦倒産法第11章の適用を申請。その後Rackable Systemsに買収された)。

1993年、新しい事業を打ち立てるに際してマーク・アンドリーセンらの作ったブラウザMosaicに魅せられ、すぐに彼にメールを送った。この後、モザイクコミュニケーションズを創業した。後に、社名をネットスケープコミュニケーションズとした。1995年に上場、1998年にAOL吸収合併

1996年、ヘルシオン(医療ソフトサービス会社)を創業した。1999年2月に上場し、1999年5月にマイクロソフトが出資していたWebMDと合併した。

2009年 和歌山県太地町で行われているイルカ追い込み漁を批判的に描いたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』(The Cove)に500万ドルを出資した。