ジェッジジョンソン

音楽

ジェッジジョンソン

じぇっじじょんそん

正式名称は「THE JETZEJOHNSON(全て大文字表記)」または「ザ・ジェッジジョンソン

90年代に結成。メンバーチェンジを繰り返し現在の構成に至る。

高水準な楽曲は言うまでもないが、インディーズでは自主制作の主流がテープだった時代からCD-Rを用いたりライヴではVJをいち早く取り入れるなど、その先見性は特に際立っている。

Tide of Memoriesでメジャーデビューを果たす。Half World以降はミックスエンジニアに林田涼太を迎えている。

大衆的な宣伝活動や雑誌への露出を行わない事でも有名。







:アーティスト

:ミュージシャン


THE JETZEJOHNSONの略称