ジェネシック・ガオガイガー

アニメ

ジェネシック・ガオガイガー

じぇねしっくがおがいがー

最強の破壊神にして勇気の究極なる姿。人類がたどり着いた大いなる遺産。ジェネシック・ガイガーと5体のジェネシック・マシンがファイナル・フュージョンして誕生するジェネシックメカノイドガオガイガー、ガオファイガーの原型であり、ガオガイガー本来の姿である。

三重連太陽系の滅亡を前にして緑の星、赤の星の主張は対立、赤の星の指導者アベルの複製をリーダーとするソール11遊星主の暴走を危惧した緑の星の指導者カインが、そのセーフティ・アンチプログラムとして開発した機体。ロケットパンチ ブロウクンマグナム、バリアシステム プロテクトシェード、髪の毛状の エネルギーアキュメーター、無限波動であるジェネシックオーラの鎧 ジェネシックアーマー、グラビティ・ショックウェーブを放つゴルディオンネイル可変翼 ガジェットフェザーを装備し、攻防共に絶大な力を持つ。

機界文明の侵攻に対抗するため、Gクリスタルにて対機械昇華用に改装されるがギャレオンの改装が終わった時点で緑の星は機界昇華されてしまい、緑の星の指導者カインはギャレオン以外のジェネシックマシンをGクリスタル内に封印し、ギャレオンラティオ(護)とGストーンと共にギャレオリア彗星の彼方の青の星・地球へと送った。

ギャレオンがGストーンとともにもたらした三重連太陽系テクノロジーGGGによって解析され、勇者サイボーグ凱及び地球製ガオーマシン誕生の鍵となった。


全高:約31.45m

重量:約684.7t



ジェネシック・マシン

ジェネシック・ガオガイガーの各部を構成するブロウクンガオー、プロテクトガオー、ストレイトガオー、スパイラルガオー、ガジェットガオーの総称。ジェネシック・ドライブで解除されることによりジェネシック・ガイガーとファイナルフュージョンし、ジェネシック・ガオガイガーとなる。

緑の星が機界昇華されたことにより、Gストーンの原石であるGクリスタルの中で眠っていた。なお、GGGの開発したガオーマシンはGストーンと共にギャレオンに記録されていたこれらのデータを基にしている。


ブロウクンガオー

ジェネシックガオガイガーの右肩、及び右上腕部を構成するジェネシックマシン。鮫を連想させる姿をしているが、その頭部の形状は500系新幹線と酷似している。口内からブロウクンボルト(劇中未使用)を発射する。


プロテクトガオー

ジェネシックガオガイガーの左肩、及び左上腕部を構成するジェネシックマシン。イルカを連想させる姿をしているが、その頭部の形状は700系新幹線と酷似している。口内からプロテクトボルト(劇中未使用)を発射する。ブロウクンとの外見的差異は尾びれの向き(ブロウクンが縦、プロテクトが横)、目にあたる部位の形状と色(ブロウクンが紫、プロテクトが水色)、体のライン(ブロウクンの方がシャープ)である。


スパイラルガオー

ジェネシックガオガイガーの右脚を構成するジェネシックマシン。モグラを連想させる姿をしている。雌型。


ストレイトガオー

ジェネシックガオガイガーの左脚を構成するジェネシックマシン。モグラを連想させる姿をしている。雄型。スパイラルとの外見的差異は先端部のドリル刃の形状(ストレイトはドリルの頂点から放射線状、スパイラルは螺旋状)、人間の目にあたる部位の形状と色(ストレイトが紫、スパイラルが水色)である。


ガジェットガオー

ジェネシックガオガイガーの頭部装甲、左右前腕部、背部ウイング及び尾部を構成するジェネシックマシン。首の長い鳥類、或いは翼竜を連想させる姿をしている。「ガジェット」="Gadjet"=『(便利な)小道具』の名に相応しく、ファイナル・フュージョン時には頸部を分割・合体させ、ガジェットツールを形成する。




ガジェットツール

ガジェットガオーの頸部の分割・合体により形成されるジェネシックガオガイガーの補助ツール。GGGの特殊ツールの多くはこれらを参考に開発されたが、小型化できなかったためオプションの形になった。



ウィルナイフ

ガジェットガオーの頸部の第1節(頭部)が変形したツール。ジェネシックの右手に装着され、主に局部破壊に使用される。搭乗者の意思によって切断力を変えることができる。


ボルティングドライバー

ガジェットガオーの頸部の第2節3節が合体変形したツール。ジェネシックの左手に装着され、主に広域破壊に使用される。各ジェネシックマシンから発射される3種のボルトを使用することによりその効果を変えることができる。

劇中使用されたジェネシックボルトはジェネシックオーラの無限波動を湾曲空間を通して直接目標にぶつけることにより対象物を半永久的に内部分解へと導き続ける広範囲攻撃となる。また、劇中未使用のブロウクンボルトとプロテクトボルトの効果はそれぞれ内部爆発とドライバー系ツールと同じ空間湾曲の効果を持つ。


ヘル・アンド・へヴン

ガジェットガオーの頸部の第5節6節7節が合体変形したツール。ヘル・アンド・へヴン使用時に両手に装着され、ヘル・アンド・へヴンの衝撃から両手を保護するナックルガードである。

余談であるが、ジェネシックガオガイガーのヘル・アンド・ヘブンには『ヘル・アンド・ヘブン・アンリミテッド』という正式な名称が設定されている。対パルパレーパ戦の最終局面で出したヘル・アンド・ヘブンは、真のヘル・アンド・ヘブンというべき『ヘル・アンド・ヘブン・ウィータ』という名称である(ヘル・アンド・ヘブン・ウィータはラティオ(護)がTV版でマスタープログラムを浄解する時やラティオ(護)のレプリジンがスターガオガイガーで使用したものと同じである)。


ギャレオリアロード(劇中未使用)

ガジェットガオーの頸部の第5節8節9節が合体変形したツール。両手に装着して使用される。劇中未使用のため効果は不明だが、名称から推測すると次元ゲートを開くツールだと思われる。