スマートフォン用の表示で見る

ジェネリック医薬品

サイエンス

ジェネリック医薬品

じぇねりっくいやくひん

医療医薬品の新薬が特許期間の終了した後に、数多くの製薬メーカーから発売される薬の事。

  

有効性と安全性が確かめられたのちに発売される後発品。新薬と違い、研究開発費や治験等のコストがかかっていない分、価格が安い。そのため、医療費削減の目玉になっている。

医薬品業界では、虫が湧くようにゾロゾロと発売されて出てくる為か、『ゾロ品』または『ゾロ』と呼ばれている。

医療費抑制を望む厚労省の強い後押しもあり、『ジェネリック(generic)』という名称を業界内で付け、ゾロ品というインチキ臭い医薬品からのイメージ脱却を図っている。

有効性に関しては色々な議論がある。同じ成分同じ効き目の薬といえども、添加物の違いや先発メーカーの製造上のノウハウ、体内における吸収率や半減期などの違いから一概に同じ成分量でも効き目に差が出てしまう、という研究報告もある。