ジェリー・リー・ルイス

音楽

ジェリー・リー・ルイス

じぇりーりーるいす

1935年生まれの、めちゃうまピアノロック歌手

1950年代後半に大活躍し、エルヴィス・プレスリーと人気を二分した。

が、又従妹マイラ・ゲイルとの結婚スキャンダルで低迷、

以来、地道にカントリー・シンガーとして活動している。

デニス・クエイド主演、ウィノナ・ライダーの女房役で『グレート・ボールズ・オブ・ファイヤ』(1989)で伝記映画が作られている。

代表曲「火の玉ロック」(映画スタンド・バイ・ミートップガンに挿入歌として登場)