スマートフォン用の表示で見る

ジェンガ

キーワードの候補

2件

ゲーム

ジェンガ

じぇんが

[英] jenga

ジェンガは、1974年イギリス人のレスリー・スコットが開発した。立体バランスゲーム。

1983年にイギリスで発売され、その後アメリカヨーロッパアジア各国など世界中で発売されている。

日本では、1988年にタカラトミーから発売された。

名前の由来はスワヒリ語で「積み上げる」という意味からきている。

ルール

全54本の木製のブロックを互い違いに組み上げた塔の中から、順番にブロックを1本ずつ抜いて上に乗せていき、最後に崩してしまった人が負けとなる。

特徴

非常にシンプルなゲームルールとブロックバランスによるハラハラドキドキ感で世代を問わず、楽しめる。

それぞれのブロックは微妙に大きさが違い、抜けやすいブロックと抜け難いブロックがあり、ゲーム性を高めており、そこを見極めるのが勝敗のカギとなる。

派生商品

ジェンガウルティメイト」
付属のサイコロの目の色のブロックを抜く、上級者向け。
ジェンガジュニア」
持ち運びも簡単なプラスティック製のジュニア版。
「ラブジェンガ
ブロックに指令が書かれている、王様ゲーム風。
「桐ジェンガ
ジェンガ発売30周年を記念して、ブロック、木箱ともに桐製。タカラトミーモールで300個限定発売。
ジェンガブーム」
時間制限装置つきジェンガ、プレイヤーに持ち時間が与えられ、時間内に積み上げてタイマーを切らないと、タワーが崩れる。
「恐怖ジェンガ
抜いたブロックに掛れた指示に従い「プチ怖話」を披露する。
LINEジェンガジュニア」
LINEとのコラボレーション商品、指示の描かれているブロックに従って、付属のスタンプチップを集め、倒れたときに一番多くのチップを集めていた人が勝ち。
ハローキティジェンガジュニア」
ブロック間にハローキティフィギュアを置き、フィギュアを置く位置によって遊びの難易度が変えられる。