スマートフォン用の表示で見る

ジェンソン・バトン

スポーツ

ジェンソン・バトン

じぇんそんばとん

Jenson Button


F1ドライバー

本名、ジェンソンアレクサンダー・リオン・バトン*1

1980年1月19日生まれ、イギリス人。 左利き

2000年にウィリアムズBMWから電撃的なデビューを果たしポイントも獲得するが、ファン・パブロ・モントーヤの加入により2001年ベネトンルノーレンタル移籍。不遇な2年間を過ごし、2003年よりB・A・R Hondaへ移籍。

B・A・Rでの安定したドライビングを見る限り,ベネトン時代の経験も決して無駄では無かったと思われる。

2004年に自身初の表彰台に上がるなど、才能を開花させつつある。

フェルナンド・アロンソらと共に将来を嘱望される若手ドライバーの一人。

2005年よりウィリアムズBMWに復帰……となるはずだったが、契約問題でB・A・Rともめ、最終的に認められなかった。しかし「将来的には復帰してみたい」とコメントしている。

2006年もHonda Racing F1 Teamに残留することが決定。

2006年、ハンガリーGPにおいて、F1初優勝を達成。

2008年、12月5日ホンダF1チームはF1撤退を発表。

2009年、ロス・ブラウンによるマネジメント・バイアウトで誕生した新チームブラウンGPから参戦。

3月

開幕戦オーストラリアGPでは、チームとしての初参戦のレースでポールポジションを獲得。

レースでもトップを譲る事なくポールトゥウィンで優勝。チームに32年ぶりのデビュー戦での優勝をもたらす。

その後、安定した成績を残し最終戦を待たずしてワールドチャンピオンに輝く。

2010年にマクラーレンに移籍した。

現在では現役屈指のタイヤマネジメントの達人として知られる。

リスト::F1

リスト::カーレーサー

*1:バトンの他、「バットン?」と表記されることもある。ファンの間では「ジェンス」(チーム内での愛称らしい)と呼ばれることも。