ジエン社

一般

ジエン社

じえんしゃ

The end of campany ジエン社

  • 劇作家、俳優の作者本介氏が主宰する劇団。プロデュース制をとっているらしく、スタッフや俳優は公演ごとに集められるらしい。
  • もともとは「自作自演ハッキネン」として早稲田界隈で怪しげなダンボールをかぶったり謎のプリントを張ったりして暮らしていた作者本介が、就職と銘打ってはじめた劇団でもある。
  • 公式HPの紹介は以下の通り。

カンパニープロフィール

 拠点所在地/そのへん。

 設立年月日/2007年10月

 代表/作者本介

 事業/小劇場施設を利用した演劇公演

 活動対象範囲/日本語圏

ジエン社とは

  かつて“早稲田最後のパフォーマー”を自称していた作者本介が、2002年に早稲田の路上で旗揚げされた総合表現ユニット「自作自演ハッキネン」を、演劇活動により特化する形で2007年10月に改称し、新たに作られた演劇ユニット。

すでに敷かれている現代口語演劇の轍を(いやいやながら仕方なく)踏みながら、いつかそこから逸脱して「やる気なく存在し続ける現在」を、失敗した写真をじっと見続けるようなやり方で出現させてみようと目論んでいる。

 が、あれだ、そうは言ってもそこは「社」なので、「会社」なので、「演劇に就職した」ので、自分のポリシーやら演劇観とか、それはそれで置いておいて、わりきって利潤というか、エンターテインメント性も(いやいやながら仕方なく)追求しなければならない、というジレンマを持とうとしている。だって我々は「会社」なのだから、「社」なのだからして。

公演情報

第一回公演『無抵抗百貨店屋上遊園地

第二回公園『大怪獣サヨナラ』

  • 脚本・演出:作者本介
  • 日時 2008年6月19日〜22日
  • 場所 高円寺明石スタジオ
  • 料金 前売り2000円/当日2300円(全席自由)
目次
    • The end of campany ジエン社
  • 公演情報
    • 第一回公演『無抵抗百貨店屋上遊園地』
    • 第二回公園『大怪獣サヨナラ』