スマートフォン用の表示で見る

ジオング

アニメ

ジオング

じおんぐ

機動戦士ガンダムラスボスMS(モビルスーツ)。

MSN-02。

ジオン公国軍の切り札として建造が進められてきたニュータイプ専用MS。両腕がビーム砲となっており、しかも有線サイコミュシステムによりオールレンジ攻撃が可能。胴体がやられても頭部(ここにもビーム砲装備)を切り離すことでパイロットが脱出可能という*1、手ごわいことこの上ない機体。

しかしながら連邦軍の進撃のすさまじさに、80%の状態、具体的にいうと脚部が未完成のまま出撃してしまったという、ある意味悲劇の機体である。*2

整備兵「80%?冗談じゃありません!現状で、ジオングの性能は100%出せます!」

シャア「足はついていないじゃないか」

整備兵「あんなの飾りです偉い人にはそれがわからんのですよ」

シャア「使い方はさっきの説明でわかるが・・・。サイコミュな、私に使えるか?」

整備兵「大佐のニュータイプの能力は未知数です。保証できるわけありません!」

シャア「はっきり言う。気に入らんな」

整備兵「どうも」

整備兵「気休めかもしれませんが、大佐ならうまくやれますよ!」

シャア「ありがとう。信じよう」

HGUC 1/144 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)

HGUC 1/144 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)

*1:胸のあたりから搭乗するのだが,コクピットは頭にあるという素敵な仕様

*2:のちに板野一郎によって「パーフェクトジオング(通称パオング)」がデザインされ、パーフェクトガンダムの敵役としてプラモ狂四郎に登場。製作者はサッキー竹田。