スマートフォン用の表示で見る

ジゴワット

映画

ジゴワット

じごわっと

【jigowatt】

ギガワット(電力の単位、10億ワット)のこと。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の1シーンに登場した、

One point and twenty-one jigowatt*1

という、デロリアンが1回のタイムスリップに必要な電力量についての台詞が由来となっている。


これは、同作品の共同脚本を担当したボブ・ゲイルがギガワットの綴りを「gigawatt」でなく「jigowatt」だと思い込んでいた為に脚本に書き込んでしまったスペルミスなのだが、日本語版の翻訳者*2が考えなしに「ジゴワット」と片仮名で字幕化してしまった為、映画を見た者に混乱をもたらした。

ただし、実際に英語圏では「giga」を「ジゴ」に近い音で発音する事もあるらしく、ボブ・ゲイルが綴りを勘違いしていたのも、それが理由であるという。


現在では、フィクションの世界における架空の単位として使われる事も多い。

和月伸宏の漫画「エンバーミング」では、作者の遊び心により、人造人間(フランケンシュタイン)の起動には1.21ジゴワットの電力が必要という設定が設けられている。また、ドラゴンクエストシリーズに登場する特技・ジゴスパークは、地獄とジゴワットを掛けた造語と思われる。

*1:1.21ジゴワット

*2:もちろん戸田奈津子