スマートフォン用の表示で見る

ジム・カスタム

アニメ

ジム・カスタム

じむかすたむ

ガンダムシリーズのうち、宇宙世紀を舞台とする作品に登場するモビルスーツ。『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』などに登場。

地球連邦軍量産型MS。型式番号はRGM-79N。『機動戦士ガンダム』に登場するRGM-79ジムの性能向上型として、一年戦争終結後に製造された。

量産機の性能のトータルバランス改善を図り、ジェネレーター出力の向上や各部サブスラスターの強化などが施されている。武装は頭部60mmバルカン砲2門、ビームサーベル、ジムライフル、ビームライフル、シールド。

一年戦争後に製造された性能向上型MSのなかでも、異彩を放つオーガスタ系に属する機体で、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場したガンダムNT-1アレックス)用に開発されたパーツがふんだんに盛り込まれている。生産性こそ低いものの、従来のジムの倍近い推力とガンダムタイプ並みのジェネレーター出力を持ち、デラーズ紛争以降の地球連邦製量産機としては最上位機種に位置付けられる。その一方で、機体特性にこれといった特徴がないため、「特徴のないのが特徴」と揶揄されたこともある。本格的な量産計画も策定されたが、性能に比例して製造コストも高かったため、実際の配備は少数のエースパイロットのみにとどまった。

デラーズ紛争では、ジオン公国残党軍デラーズ・フリート強奪されたガンダム試作2号機奪還の命を受けた、ペガサス級強襲揚陸艦アルビオンに3機が配備された。MS隊隊長サウス・バニング、補充パイロットアルファ・A・ベイトとベルナルド・モンシアが搭乗。戦艦バーミンガム救助のために援軍として、シーマ・ガラハウ中佐率いるシーマ艦隊のゲルググM部隊交戦し、これを撃退したもののバニング大尉機は動力系への損傷事故によって大尉の命と共に失っている。

デラーズ紛争以降は、開発チームを含むプロジェクトそのものがティターンズの管理下に置かれ、若干の設計変更を経たのち、生産ラインはRGM-79Qジム・クゥエルの生産に切り替えられ、本機の生産はその時点で終了した。それまでに生産、配備された機体はグリプス戦役においても、RGC-83ジム・キャノンIIなどと並んで若干数が稼動しており、デフォルトカラーの機体の他、RGM-79RジムIIと同系統の塗装が施された、いわゆるエゥーゴ・カラーの機体も数機確認されている。

HGUC 1/144  RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)