ジム・ライス

James Edward(Jim) Rice

70〜80年代のMLB選手。

右投右打、ポジションは外野手背番号14番


1953年3月8日生まれ。米国サウスカロライナ州出身。

1971年ドラフト15位でボストン・レッドソックスに入団。

1974年、メジャー昇格。

カール・ヤストレムスキーの後釜として左翼手に定着し、リーグ屈指の強打者として成長。

主に3番打者として活躍。

1975年ワールドシリーズ出場に大きく貢献。

1978年、ア・リーグMVPを獲得。

強肩の外野手として通算137捕殺を記録。

1970年代から1980年代にかけて、レッドソックスの至宝として活躍。

また、レッドソックスの第2代主将を務めた。*1


1989年、現役引退。

実働16年間で通算2089試合出場。通算2452安打、382本塁打、1451打点を記録。オールスターゲーム出場8回。

1990年レッドソックスの打撃コーチに就任。

1995年、打撃インストラクターに就任。

2003年、NESNの野球解説者となる。


背番号14番は、ライスの引退後は誰も着用しておらず、レッドソックス準永久欠番となっている。*2

*1:主将となった人物は、レッドソックス史上3人。

*2背番号14番は、ライスの米国野球殿堂入りを待って永久欠番になると目されている。