ジム・ラフィーバー

スポーツ

ジム・ラフィーバー

じむらふぃーばー

James Kenneth Lefebvre

MLB選手・監督。プロ野球ロッテオリオンズの選手。

右投右打、ポジションは一塁手背番号は1→88→5番。

1942年1月7日生まれ。米国カリフォルニア州出身。

1965年ロサンゼルス・ドジャースメジャーリーグデビュー。

同年、ジャッキー・ロビンソン賞新人王)を獲得。

千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタインとともにプレーした。

1973年、来日しロッテオリオンズに入団。初年度より29本塁打を放ち、チームの主力打者となる。

ジョージ・アルトマンと共にチームの主軸を担い、1974年、パ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

1975年、体力の限界により、一度現役引退する。


1976年、現役復帰。同年現役引退

1977年ロッテオリオンズのスカウト兼コーチに就任。


帰国後、1978年にドジャース傘下のルーキーリーグ監督に就任。1985年、3Aの監督として優勝。

ドジャースサンフランシスコ・ジャイアンツオークランド・アスレチックスのコーチを歴任。

1989年、シアトル・マリナーズの監督に就任。

弱小チームの建て直しを図る事に成功、1991年、球団史上初の勝ち越しを決めた。同年、球団との衝突により退団。

1992年、シカゴ・カブス、1996年にはミルウォーキー・ブリュワーズの監督を務めた。


2002年、野球中国代表監督に就任し、現在に至る。

2005年には、チャイナスターズの監督として、アジアシリーズを戦う。

2006年のワールド・ベースボール・クラシックでも指揮を執る。


オリオンズ屈指の優良外国人選手である。


野球術〈上〉監督術・投球術 (文春文庫)