ジャーメイン・ペナント

スポーツ

ジャーメイン・ペナント

じゃーめいんぺなんと

Jermaine Pennant

イングランド国籍のサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Jermaine Lloyd Pennant (ジャーメイン・ロイド・ペナント

生年月日 : 1983年1月15日

出身地 : Nottingham, Nottinghamshire (ノッティンガムノッティンガムシャー州)

身長・体重 : 173cm・64kg

ポジション : 右ウィング、右サイドハーフ

所属クラブ

1998〜99 : ノッツ・カウンティFC

1999〜05 : アーセナルFC

2005〜06 : バーミンガム・シティFC  ※2005年7月1日に移籍

2006〜09 : リヴァプールFC

2009〜10 : レアル・サラゴサスペイン

2011〜 : ストーク・シティFC  ※2011年1月1日に完全移籍

プレースタイル、経歴など

イングランドU-21代表歴あり。利き足は右足で華麗なドリブルを駆使し、正確なセンタリングをあげる右ウィンガー。

1998年8月、15歳で故郷ノッティンガムノッツ・カウンティFCに加入したが、翌1999年1月に200万ポンドという高額な移籍金アーセナルFCに引き抜かれた。2002年3月にワトフォードFCへのレンタル移籍が終了しアーセナルFCに戻ってきたジャーメイン・ペナントは、2002年5月のサウサンプトンFC戦でプレミアリーグデビューを果たし、この試合でハットトリックを達成した。

しかしアーセナルFCベンゲル監督は、なぜかこの後ジャーメイン・ペナントを起用することなくレンタル移籍させるばかりで、2005年7月、遂にバーミンガム・シティFCへ放出。バーミンガム・シティFCではレギュラーの座を確保していたが、2005-06シーズン、クラブはプレミアリーグから降格が決定し、2006年7月、攻撃的な右サイドのスペシャリストを欲しがっていたリヴァプールFCに移籍した。

リヴァプールFC移籍当時はスターティングメンバーだったが、2007-08シーズン途中からリヴァプールFCが1トップを採用してからディルク・カイトにポジションを奪われ出場機会が徐々に減ってきた。2009年1月にポーツマスFCレンタル移籍するも正式契約まで至らず、またリヴァプールFCとの契約も2008-09シーズン終了時で切れたため、多くの出場機会を求め2009年7月にスペインレアル・サラゴサへ移籍。2010年8月31日、イングランドに戻りストーク・シティFCと契約した。


また、2004年に飲酒運転で21日間拘置所に拘留されて16ヶ月の免許停止処分を受けたり、酒でトレーニングを追い出されたこともある"問題児"でもある。