ジャイアントスキー場

地理

ジャイアントスキー場

じゃいあんとすきーじょう

概要

志賀高原にあるスキー場の一つ。

夕方になるとガリッガリのアイスバーンになる。

一枚バーンで幅も広く、FIS公認のスキー場。降雪設備は全ゲレンデをカバーし、ゲレンデコンディションは常にベストを保っています。

志賀高原屈指の上級ゲレンデ、FIS公認のバーンではワールド

カップやFISジャパンシリーズ等ビックな大会が数多く行われています。

雪量は降雪機が全面カバーしているので豊富です。上、下部は比較的

やさしいが中部の34度の急斜面がきびしい、ゲレンデが整備される以

前はコブだらけで誰が名付けたか「魔の壁」と称されトップスキーヤー

の腕の見せどころでした。

今ではきれいに整備され毎日平面バーンに仕上げてあり中級者

クラスでも楽しめます。しかしスキーヤーが作り出すギャップが次第に

大きくなってくると以前の厳しい斜面に変化していき、上級者でもしっか

り滑らないと落とされることがある難敵です

そんなゲレンデに魅力を感じ上級者は離れ様としない、

リフト右側部分は圧雪車が入れないため、大きなコブになっていて

モーグル派にはお薦め、また、降雪の翌朝はパウダースノーで

オフピステ気分を楽しむことができます。