ジャガンナート

一般

ジャガンナート

じゃがんなーと

「宇宙の王」という意味。

元はオリッサ古来の神だったが、ヒンドゥー教の神々と融合し

現在はヒンドゥーの神々に属す。(ヴィシュヌ神の化身とも謂われる。)

オリッサ州のプリーという海辺の町にあるジャガンナート寺院の本尊

この地はインドの四大聖地の一つに数えられる。(ヒンドゥー教巡礼地)

この神が乗った台車にひかれて死ぬと極楽往生ができると信じられ。

転じて、恐ろしい犠牲を強いる絶対的な力や存在のことを意味する。