スマートフォン用の表示で見る

ジャズ・エイジ

アート

ジャズ・エイジ

じゃずえいじ

アメリカ1920年代の、空前の好景気がもたらした、狂騒の時代。

小説「グレート・ギャツビー」で知られる、この時代の寵児であったスコット・フィッツジェラルドは、1919年メーデーの暴動から29年の暗黒の木曜日(以降、全堺敵なまでの「芸術」と「過剰さ」の時代をジャズ・エイジと読んでいる。