ジャック・ザ・リッパー

一般

ジャック・ザ・リッパー

じゃっくざりっぱー

イギリスの犯罪史にその名を残す猟奇殺人事件の犯人。

1888年8月31日から11月9日までの約2ヶ月の間に、

イーストエンドのホワイトチャペル・ロード周辺で5人の売春婦を殺害した。

警察は最も有力な5人の容疑者を再三取り調べたが、

決定的な証拠を挙げる事が出来ずに捜査は打ち切られた。

100年以上経った今でも真犯人は判明していない。