スマートフォン用の表示で見る

ジャック・リッチー

読書

ジャック・リッチー

じゃっくりっちー

1922‐1983。アメリカミステリ作家。ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。

1950年代から80年代にかけて『ヒッチコックマガジン』『マンハント』『EQMM』などの雑誌に、350篇もの作品を発表した短篇ミステリのスペシャリスト。「エミリーがいない」でMWA(アメリカ探偵作家クラブ)最優秀短篇賞を受賞。乾いたユーモアと巧みなストーリーテリング、無駄を徹底的にそぎ落とした簡潔なスタイルは作家の間にもファンが多い