スマートフォン用の表示で見る

ジャック・ヴィルヌーヴ

スポーツ

ジャック・ヴィルヌーヴ

じゃっくびるぬーぶ

Jacques Villeneuve

F1ドライバーカナダケベック州出身。

フェラーリで活躍した伝説のドライバー、ジル・ヴィルヌーヴの息子。

1971年4月9日生まれ。

高校の体育教師であったクレイグ・ポロックをマネージャーにつけ、17歳でレースデビュー。1989年から1991年までイタリアF3に参戦するものの未勝利に終わる。しかし1992年に活躍の場を日本に移すと、全日本F3*1で3勝を挙げてランキング2位。

1993年からはアメリカへと渡り、1994年インディカーシリーズでルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得。1995年にはフォーサイスから参戦してIndy500で優勝。同年のインディカーのシリーズタイトルも手中に収めた。

この実績を引っさげ、1996年にウィリアムズからF1デビュー。デビュー戦であわやポール・トゥ・ウィンかという活躍を見せるなどして、ルーキーイヤーは僚友デーモン・ヒルに次ぐシリーズ2位を獲得。翌年はフェラーリミハエル・シューマッハとの激闘を制して(最終戦ではミハエルは相討ちを狙ってわざと自分のマシンをジャックのマシンに突っ込ませたが自滅、その上この年のドライバーズポイントは剥奪された)見事ワールドチャンピオンとなった。

しかしワークスエンジンを失った翌年は1勝も出来ずにシーズンを終え、この年でウィリアムズを去る。

1999年にはポロックが立ち上げたB・A・Rに移るもノーポイントという屈辱を味わう。2000年はホンダエンジンを得て久々のポイントを獲得し、2001年にはドイツGP表彰台にも上ったものの、その後は目立った活躍もできず、ついに2003年日本GP佐藤琢磨にシートを譲ってB・A・Rを去ることとなった。

しかし、翌年の中国GPでチームとの契約を解除されたヤルノ・トゥルーリの後任として、急遽ルノーから復帰。

2005年はザウバーから参戦したが、ブランクもあり元ワールドチャンピオンらしい走りをすることがあまり出来なかった。

2006年シーズンは、解雇の噂も流れていたが、ザウバーを買収したBMWから参戦することが決定している。

しかし、シーズン途中で解雇

F1界最後の個性。


リスト::F1

リスト::カーレーサー

*1:全日本F3時代は祐天寺に居を構えていたらしい。当時、下北沢にはミカ・サロも住んでいた。