音楽

ジャニス

じゃにす

ジャニス・ジョプリン

ジャニス・イアン


ジャニス・ジョップリン

ジミ・ヘンドリックスとほぼ時を同じくして現れ去っていった、女性初の本格ロック・シンガーと呼ばれるジャニス。しかし、彼女の目指していた音楽は、ただのロックにとどまらず、ブルースカントリーR&Bジャズなどをミックスした、まったく新しいサウンドの創造にあった。

そのため、幾度となくバンドのメンバーチェンジを繰り返し、常に孤独と闘いながら愛に飢え、酒とドラッグに溺れて、最後には理想のバンドを結成し、名作「パール」を残しながら、日の目を見る前に享年27歳という若さで、この世を去っていったのである。