ジャパンラグビートップリーグ

スポーツ

ジャパンラグビートップリーグ

じゃぱんらぐびーとっぷりーぐ

ジャパンラグビー トップリーグは、日本の社会人ラグビー(15人制)の最上位リーグ。日本ラグビーフットボール協会主催。

それまでの各地域リーグと全国社会人ラグビーフットボール大会を発展的解消し、全国リーグとして2003年に12チームで発足した。

通常は単にトップリーグと呼ばれる。

2006-2007シーズンより14チームに増加。

2013-2014シーズンからは16チームとなり、変則的なスプリットシステムを採用する。

試合形式

ファーストステージ、セカンドステージの2ステージ制によるリーグ戦プレーオフトーナメント、ワイルドカードトーナメントからなる。

リーグ戦

  1. 順位の決定にあたり、勝ち点制を採用する。各ステージ終了時点で、勝ち点の多い順に順位決定を行う。
  2. 各試合の勝ち点は、勝ち4点・引き分け2点・負け0点とする。
  3. ボーナス点として以下の勝ち点を与える。
    1. 負けても7点差以内ならば、勝ち点1を追加
    2. 勝敗に関係なく、4トライ以上獲得したチームに、勝ち点1を追加
  4. 各ステージ終了時点で勝ち点が同じ場合、次の各号の順序により順位を決定する。
    1. 各ステージ全試合の得失点差の多いチームから上位とする。
    2. 当該チーム同士の試合で、勝ち点の多いチームから上位とする。
    3. 3チーム以上が同じ勝ち点の場合、当該チーム同士の試合で得失点差の多いチームから上位とする。
    4. リーグ戦全試合の総トライ数が多いチームから上位とする。但し、不戦勝などの理由で対象試合数が少ない場合はトライ数(1試合平均)を7試合に換算して比較する。
    5. リーグ戦全試合のトライ後のゴール数が多いチームから上位とする。
    6. 当該チームで抽選を実施。
  5. ファーストステージの勝ち点は、セカンドステージでリセットされるが、ファーストステージの成績に準じてボーナス点を付加する。ファーストステージ1位4P、2位3P、3位2P、4位1P(ここまでがセカンドステージグループA)、5位4P、6位3P、7位2P、8位1P(ここまでがセカンドステージグループB)。
  6. セカンドステージ終了時点でグループAの最も勝ち点の多いチームを1位とし、同様に2位、3位、4位を決定しこの上位4チームに、プレーオフトーナメントへの出場権を与える。またAグループの5位〜8位、Bグループの1位〜4位の8チームにワイルドカードトーナメントへの出場権を与える。

W杯開催年度はW杯日程を考慮し、大会方式を変更する場合もある。

プレーオフトーナメント

  1. 4チームによるトーナメント方式(セミファイナル・ファイナルの2試合)を行い、得点の多いチームをそれぞれの勝者とする。
  2. 同点の場合は、以下の各号の順序により勝者を決定する。
    1. トライ数の多いチーム。
    2. トライ後のゴール数の多いチーム。
    3. 延長戦前後半を実施する(10分ハーフ)。
  3. セミファイナルにおいて延長戦でも勝負が付かない場合はリーグ戦順位の上位のチームにファイナルの出場権を与える 。
  4. ファイナルにおける勝者を優勝、敗者を準優勝。セミファイナルでの敗者を3位として、別途定める「表彰懲罰規程」により表彰する。但し、ファイナルで延長戦を経ても同点の場合、両者優勝とする。*1

ワイルドカードトーナメント

  1. 8チームを二分し、4チームずつのトーナメント方式(1回戦、2回戦の2試合)を行い、得点の多いチームをそれぞれ勝者とする。
  2. 同点の場合は、以下の各号の順序により勝者を決定する。
    1. トライ数の多いチーム。
    2. トライ後のゴール数の多いチーム。
  3. トライ後のゴール数でも同数の場合はリーグ戦順位の上位のチームを勝者とする。
  4. 2回戦における勝者(2チーム)に日本選手権出場権を与える。

W杯開催年度においては、日程の調整次第で方式を変更する場合もある。

試合方式

2013-2014シーズン以降

レギュラーシーズンに変則的なスプリットシステムを採用し、その後プレーオフを行う方式。

1stステージ
16チームを8チームずつ2プール(A・B)に分け、各プール1回戦総当たりのリーグ戦を行う。
2ndステージ
1stステージ各プールの1-4位(計8チーム)をグループA、5-8位(計8チーム)をグループBとして、各グループ1回戦総当たりのリーグ戦を行う。1stステージで得た勝ち点はリセットされ、1stステージの順位に応じて4-1ポイントのボーナスポイントを付与する。グループBの5-7位はトップチャレンジ1の2-4位チームと対戦する入れ替え戦に回り、グループB最下位は自動降格となる。
プレーオフトーナメント
2ndステージのグループA上位4チームによるトーナメント戦(計3試合)を行う。この4チームは自動的に日本ラグビーフットボール選手権大会への出場権を得る。
ワイルドカードトーナメント
日本ラグビーフットボール選手権大会への出場2枠を懸けて、2ndステージグループAの5位-8位4チームと、グループBの1-4位4チームの合計8チームが2回戦制のトーナメント戦(計6試合)を行う。2回戦に勝利した2チームが日本選手権に出場する。
最終順位の決定方法
プレーオフトーナメントの優勝チームが年間順位1位、準優勝チームが年間2位、準決勝敗退チームのうち、2ndステージの上位チームが3位、下位チームが4位となる。年間順位5位-8位は2ndステージグループAの5位-8位、年間順位9位-16位は2ndステージグループBの1位-8位のチームとする。

2012-2013シーズン以前

ホーム又はアウェーでの1回戦総当り方式で行われ、勝ち点の多い順にレギュラーシーズン順位を決める。

上位4チームがノックアウト方式マイクロソフトカッププレーオフ*2へ進み、リーグ優勝を決定する。

また、レギュラーシーズン上位チームは日本ラグビーフットボール選手権大会の出場権も得る。

下位チームは下部リーグへ自動降格、またはトップリーグチャレンジシリーズ中位チームとの入れ替え戦に回る。

勝ち点

  • 勝ち4、引き分け2、負け0を基本とする。
  • 負けても7点差(1トライ1ゴール)以内ならボーナス勝ち点1。
  • 勝敗関係なく4トライ以上獲得した場合ボーナス勝ち点1追加。

勝ち点が並んだ場合の順位決定

  1. 当該チーム同士の試合における勝ち点
  2. 全試合の総トライ数
  3. 全試合のトライ後のゴール数
  4. 抽選

*1:その他大会進出の際の位置づけは、リーグ戦順位の上位チームを優先する

*2:2005-2006シーズンまではレギュラーシーズンのみでリーグ優勝を決めており、マイクロソフトカップトップリーグ上位8チームで争うカップ戦マイクロソフトカップトップ8トーナメント」として行われ、リーグ戦とは別々に表彰された。

ジャパンラグビートップリーグ
目次