スマートフォン用の表示で見る

ジャミトフ・ハイマン

アニメ

ジャミトフ・ハイマン

じゃみとふはいまん

機動戦士Zガンダム」の登場人物。

ジオン公国の残党狩りを目的としたエリート部隊「ティターンズ」の創始者。しかしその実態は、ジャミトフが地球権の軍事勢力を掌握するための私兵集団に近いものだった。

老獪な策謀家であり、前線での活動は主にバスク・オムに一任、自身は地球にてティターンズの足固めとなる議会活動に専念していた。また、木星帰りの男パプテマス・シロッコを登用し、増長するバスクへの牽制とした。

しかしアクシズハマーンとの交渉の席で、叛意を起こしたシロッコに暗殺され、命を落とす。