ジャミル

キーワードの候補

2件

アニメ

ジャミル

じゃみる

機動新世紀ガンダムX」に登場する人物、主人公及び味方ガンダムパイロットが乗り込むバルチャー艦「フリーデン」の艦長。

本名、ジャミルニート*1

モデルは「キャプテンハーロック」。

CV堀内賢雄

現在は30歳でありA.W.0015年から15年前の「第七次宇宙戦争」に参加した軍人、落ち着いた大人としての現在と比べ当時の性格は無鉄砲で我武者羅、訓練すら平気でサボる始末*2、それとは裏腹に当時若干15歳の天才ニュータイプとして一目を置かれた、が、それを生身で戦場に赴く兵士達にとっては遊びとも言えるほど軽率な捕らえ方をされた(カトックなど)。

その第七次宇宙戦争中の「ライラック作戦」により、ライバル関係にある宇宙革命軍の大佐のランスロー・ダーウェルと攻防を繰り広げ、その激戦の最中に親友であるGファルコンデルタパイロットキナ少尉を失ってしまう。

最終的にガンダムX(NT-002)のサテライトキャノンで革命軍の地球に落とすと脅しのつもりだったコロニー郡を撃墜した事により、人類史上最大の悲劇を引き起こす事となる、そして再びランスローと激突、その戦いの中で人の革新、「ニュータイプ」を垣間見て、お互いの正義のぶつかり合いにより一騎打ちにも連れ込んだ、左目の傷はそのときヘルメットの破片で付けたもの*3、さらに恋心を馳せていたルチル・リリアント教官は旧連邦によって高いニュータイプ能力に目をつけられて生態兵器として利用され、後の15年後で皮肉な出会い方をすることとなる、それを皮切りに彼のニュータイプとしての能力は失われ、コックピット恐怖症に陥る。

フリーデンの船医であるテクス・ファンゼンバーグは第七次宇宙戦争時からの人生の先輩であり親友である。

何も知らずただひたすらにティファを守りたいガロードに、厳しくも様々なアドバイスを与え、立派な戦士への成長を遂げさせ、自らもコックピット恐怖症に打ち勝ち、前線に復帰している。

自分自身に罪と罰を執拗に重ね、その傷をニュータイプを救う事で癒してきた、そしてティファの導きにより月のマイクロウェーブ送信施設にある「D.O.M.E.」もとい「ファーストニュータイプ」との接触で過去の戒めを打ち破り、その決別の印しとして今までフリーデンクルーに見せることがなかった素顔をサングラスを外し曝け出す。

第八次宇宙戦争の終戦から再び連邦政府に出戻り、親善大使として革命軍との協和を図る為に日々努力し、最終的にはサラの気持ちを受け止める、サラも共に親善大使として新連邦に身を置いている。

ジャミルが台詞のサブタイトルの回は、

第1話「月は出ているか?」

第4話「作戦は一刻を争う!」

第5話「引き金はお前が引け!」

第11話「何も考えずに走れ!」

第31話「飛べ、ガロード!」

第37話「フリーデン発進せよ!」

*1:邪を見るの文字り

*2:まさに初めのガロードを現している

*3:第1話の冒頭の砂漠に落ちている、マンガ版で経緯が分かる

ゲーム

ジャミル

じゃみる