スマートフォン用の表示で見る

ジャン・アレジ

Jean Alesi

カーレーサー。後藤久美子の夫としても有名。フランス出身。

仏F3、国際F3000で活躍後、1989年のシーズン途中からティレルF1デビュー。翌90年まで同チームに在籍、非力なフォード(コスワース)エンジンのマシンながらアメリカモナコGPで二位を獲得するなどの好成績を残し、評価を高める。特に90年開幕戦アメリカではレース前半で首位を快走、マクラーレンホンダアイルトン・セナに抜かれた直後のコーナーで再び抜き返すというパフォーマンスを演じ、世界中の注目を集めた。

1991年フェラーリに移籍。ジル・ヴィルヌーヴにあこがれていた彼としては願ってもないことで、彼といえばカーナンバー27という人も多いはず。しかしながら折りしもこのころのフェラーリは迷走していた時期で、表彰台には上がるが、勝てない日々が続く。

1995年のカナダGPで初優勝を上げる。奇しくもこれがF1で挙げた最初で最後の勝利だった。

1996年に『ミハエル・シューマッハとの2対1のトレード』でベネトンに移籍。

1998年にザウバーに移る。

2000年にプロストに移籍、初年度こそノーポイントだったが翌2001年にはフェラーリエンジン搭載とはいえがけっぷちのチーム情勢の中で何度かポイントをチームに献上した。しかし、カナダGPで歓喜の余りヘルメットを無線の送信機(高価)がついたまま放り投げてしまったため、プロストとの関係に亀裂が生じる。結果、ハインツ-ハラルド・フレンツェンとのトレードという形でシーズン途中でジョーダンに移籍し、この年限りでF1を引退。

2002年からDTMに参戦中。2010年からは更にル・マン・シリーズLM GT2クラスにも参戦しカーレーサーとしての活動を継続している。

2006年、ディレクシブシニアエグゼクティブディレクターに就任。

トリビア・毎年1回の割合で、妻・ゴクミと共に東洋タイヤのCMに登場している。

* リスト::カーレーサー