ジャン・ウスターシュ

映画

ジャン・ウスターシュ

じゃんうすたーしゅ

Jean Eustache

 フランス映画監督。一般にジャン・ユスターシュと表記される。

 (ただしEutacheの一般的なカナ表記はウスターシュ)。

 1938年11月30日、ジロンド県ペサック生まれ。

 1963年、自主映画「ロバンソンの方へ」(邦題「わるい仲間」)を監督。

 これがゴダールに注目され、続く「サンタクロースの眼は青い」をゴダールの製作により監督。

 「ロバンソンのほうへ」と「サンタクロースの眼は青い」の2本を併せて「わるい仲間」として公開。

 1973年、「ママと娼婦」を監督。

 1974年、「ぼくの小さな恋人たち」を監督。

 1977年、「不愉快な話」を監督。

 1981年11月5日、パリで拳銃自殺

 参考文献:遠山純生編「ジャン・ユスターシュ」(エスクァイア マガジン ジャパン、2001)。

ジャン・ユスターシュ

ジャン・ユスターシュ

ママと娼婦 [DVD]

ママと娼婦 [DVD]

ぼくの小さな恋人たち [DVD]

ぼくの小さな恋人たち [DVD]