スマートフォン用の表示で見る

ジャン・カルヴァン

一般

ジャン・カルヴァン

じゃんかるう゛ぁん

マルティン・ルター ルターやフルドリッヒ・ツヴィングリと並んで有名なフランス生まれのキリスト教宗教改革初期の指導者。1509年7月10日〜1564年5月27日。  


厳格な聖書主義に基づき、神の絶対的権威を主張して予定説を唱えた。スイスジュネーブに招かれて、市政と教会の改革を指導。彼の神学は、ルター派など一部を除き教派の違いを超えてプロテスタント諸派に大きな影響を与えた。プロテスタント教会のひとつ改革長老教会は彼の思

想的流れを汲む教会である。