スマートフォン用の表示で見る

ジャン・ジュネ

読書

ジャン・ジュネ

じゃんじゅね

父なし子として生れ、母にも捨てられ、泥棒をしながらヨーロッパ各地を放浪し

前半生のほとんどを牢獄で過ごす。

終身禁固となるところをサルトルらの運動によって特赦を受けた怪物作家。

代表作「泥棒日記」