スマートフォン用の表示で見る

ジャン・トッド

Jean Todt

FIA会長。

1946年フランス生まれ。

1966年よりレースを始め、オベ・アンダーソン*1やギ・フレクラン*2らのコ・ドライバーとして、ラリーで活躍。

その後、監督としてパリ・ダカールラリープジョーを5連勝させ、パリダカの撤退後は、ル・マンで2連勝。

フィアットのアニエリ会長にスカウトされ、1993年フェラーリ監督に就任。

ミハエル・シューマッハロス・ブラウン等とともに、名門を見事に復活させる。

2007年までスクーデリアフェラーリチーム代表を務める。

2009年10月23日のFIA会長選挙マックス・モズレーの後任のFIA会長に選任される。