ジャン・ドゥーシェ

映画

ジャン・ドゥーシェ

じゃんどぅーしぇ

Jean Douchet


フランス映画評論家映画監督。俳優。

1929年1月19日、北フランス、アラス生まれ。

パリ、ソルボンヌ大学哲学科卒。

カイエ・デュ・シネマ』の創刊に関わる。

俳優として、フランソワ・トリュフォー監督『大人は判ってくれない』やジャン・ユスターシュ監督『ママと娼婦』、パトリス・シェロー監督『王妃マルゴ』、ジョアン・セーザル・モンテイロ監督「神の喜劇」「神の結婚」、グザヴィエ・ボヴォワ監督「Nord」「君は死ぬことを忘れるな?」「マチューの受難」などに出演。

オムニバス映画『パリところどころ』の一篇「サンジェルマン・デ・プレ?」篇を監督している。

高等映画研究院の教師。

主な著作

ヒッチコック』『ミネリ』『ミゾグチ』『美の味わい』『愛する術』『パリ、シネマ』など多数。