スマートフォン用の表示で見る

ジャン・ボードリヤール

読書

ジャン・ボードリヤール

じゃんぼーどりやーる

Jean Baudrillard (1929-2007)

フランス生まれ.思想家文芸評論家

ジャーナリストからパリ大学ナンテール校教授.社会学記号論専攻を経て,思想家活動に至る.

'68年,処女作「物の体系」を発表.「消費社会神話と構造」('70年),「記号の経済学批判」('72年),「生産の鏡」('73年),「象徴交換と死」('75年)の 中で,経済学およびマルクス経済学を批判,これをこえようとする試みを行う.特に記号消費?に関する考察は有名で、現代消費を考える上で無視できない事項だといえよう。

「誘惑の戦略」('79年),「シミュラークルシミュレーション」('81年),「宿命の戦略」('83年),「アメリカ」('86年),「クール・メモリーズ」('87年),「透きとおった悪」('90年),「湾岸戦争は起こらなかった」('91年),「世紀末の他者たち」(マルク・ギヨームとの対論),「完璧な犯罪」('95 年)など.大衆社会状況を生産・消費の両面から分析する,独創的な社会論を展開.現代フランスを代表する思想家の一人.

ほかに詩の創作,戯曲の翻訳,文芸評論,デザイン論など,幅広い領域で活躍.'90年代に入ってからは写真家としても活動.'93年ベネチア・ビエンナーレにも出品した.'95年来日.'97年日本で初の写真展を開催した.

2007年3月6日,パリの自宅で死去.

* リスト:リスト::学者