ジャン・ラニョッティ

スポーツ

ジャン・ラニョッティ

じゃんらにょってぃ

(Jean Ragnotti)往年の名ドライバーにしてルノーの名誉広報部長

  • 1945年、8月29日フランスはCarpentras生まれ。
  • 4歳の時に自宅のルノーJUVAQUATTREを自宅の庭で動かすことに成功。8歳の時には既にルノー4CVを乗り回していた。
  • 1967年、フィアット850にてラリー初参戦。
  • 同じく、1967年ルノー8ゴルディーニを駆り、本格的にコンペティションの世界に入る。
  • 以来、ルノーのラリードライバー(なぜか1戦だけゴルフGTiを駆っていた)としてキャリアを重ねる一方、フォーミュラ・ルノーに参戦したり、ル・マン24時間に参戦したり、またラリー・クロスでチャンピオンを取ったりしていた。
  • そんなラニョッティのWRC初勝利は1981年のモンテ、マシンはルノーワークスカラーも鮮やかなルノー5ターボだった。
  • その後、82年、85年のコルスでも勝利。もともとラリーでは大規模なワークス活動を行わないルノーではこれでも十分立派すぎる成績である。
  • その後も戦いの場をラリーフィールドのみならず、サーキットにも求め、ルノー5GTターボやルノー21ターボクアドラでプロダクションカー選手権を戦ったりしていた。
  • 90年代に入ると、活動をマシンの開発に費やすようになり、精々年2・3戦の参戦に止まったが、出場するイベントでは、小型軽量なクリオS16でもって「後輪?なにそれ?」といった「ぶち切れた」走りでセリカデルタなどのハイパワー4駆をも食う活躍をする。
  • しかし、寄る年波に勝てず、97年現役引退ルノーはこれまでの功績と陽気で温和な人柄から来る絶大な人気を称え名誉広報部長のポストを与えた。
  • とはいえ、F1のテスト中にこっそり乗り込んで現役ドライバーと遜色ないタイムをたたき出して周囲をおどろかせたり、出てくるイベントではトンでもねえスタントドライブを披露したり、手弁当程度のギャラで映画「TAXi」のスタントドライブを買って出たり御年60になんなんとする御仁とは思えない活躍を見せている。
  • 彼は嬉しそうに語る。「もうこの職を辞めたいんだけど、ルノーが離してくれなくってね」いつまでも元気でいて欲しいおぢさんである。

主な戦績

French Rallycross Champion, 1977

Le Mans 24 Hours, 4th, 1978

Monte Carlo Rally, 1st, 1981

Tour de Corse Rally, 1st, 1982&85

French Super Production Champion, 1988

French Group N Champion, 1990