スマートフォン用の表示で見る

ジャンセニスム

一般

ジャンセニスム

じゃんせにすむ

ジャンセニスム(Jansénisme、フランス語)、もしくは、ジャンセニズム(Jansenism、英語)

ネーデルランド神学者ヤンセニウス(Cornelius Jansenius 1585-1638)の『アウグスティヌス』(1640刊)の影響によって成立した、キリスト教思想。

人間の自由意志の無力さ、人間本性の罪性を極端に強調した。1653年教皇イノケンティウス10世により異端とされる。