ジュール・シュペルヴィエル

読書

ジュール・シュペルヴィエル

じゅーるしゅぺるびえる

Jules Supervielle(1884-1960)作家、詩人

1884年1月16日 ウルグアイ・モンテヴィデオ出身

フランス人であるが、ウルグアイフランス両国国籍を取得している。

幻想的世界観を湛えた詩、小説、寓話を発表。

現代詩における先導者的役割を果たし、

晩年には「詩聖」の称号を与えられる。

初期の谷川俊太郎飯島耕一などにその影響が強い。

 

 第一次世界大戦に動員され、郵便物の検閲に当たったシュペルヴィエルは「ここに接吻します」と書かれた手紙を不審に思い、あぶり出しを発見、かの有名な女スパイ・マタハリ逮捕に貢献したとも言われている。

 アンドレ・ジッド?ポール・ヴァレリー、アンリ・ミショー?リルケなどと交友を持つ。