ジュリアード音楽院 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

ジュリアード学院

じゅりあーどがくいん

ジュリアード学院(The Juilliard School)はアメリカ合衆国ニューヨーク市にある私立の大学である。プレカレッジ制度が充実しており、小学生から高校生までの才能を持つ若者にも門戸を開いている(土曜日のみ)。正確に訳すとジュリアード学校だがジュリアード音楽院あるいは、単にジュリアードというのが一般的である。以下、現在の名称はジュリアード学校と表記する。ジュリアード学校は音楽部門、舞踊部門、演劇部門から成り立つ。

沿革

現在、コロンビア大学、バーナード大学との間に、交換制度(exchange program)がある。

リンカーンセンター内はセキュリティーが設置され、IDカードがないと構内に入ることは出来ない。ジュリアード学校構内にはベートーヴェンモーツァルトバッハといった名だたる作曲家たちの直筆楽譜が寄贈されており、なかにはベートーヴェンの第九(直筆ではなく筆写スコア)も含まれる。

ジュリアード音楽院声楽オーディション

ジュリアード学校とNPO法人世界芸術文化振興協会(会長:半田晴久、略称IFAC)の間で、音楽家の養成プログラムを支援する協定が結ばれた。2009年から、同音楽院に優秀な芸術家を招聘するための「声楽客員芸術家のための寄付講座」が設けられる。

2009年より、世界芸術文化振興協会(IFAC)の主催で、18歳以上の日本人を対象に、ジュリアード学校声楽科に、才能ある日本人声楽家を送る目的で開催されている。ジュリアード学校共催による公式オーディションであり、衛星ライブ中継にて、ジュリアード学校の教授陣が、ジュリアード学校入学の1次試験も兼ねた審査をする。

最優秀賞受賞者には、ジュリアード学校の2次試験を受ける資格が与えられる。2次試験に合格した場合は、IFACよりUS5万ドル相当の奨学金(ジュリアード学校授業料1年分、学生寮費用1年分相当)が授与される。その他、副賞として、ジュリアード学院にてのプライベートレッスン(4〜7日程度)、2次試験のための渡航宿泊費(総額50万円相当)、TOEFLスコア取得のための英語レッスン受講資格も与えられる。

2009年第一回オーディションでは、ジュリアード学校の2次試験に1名が合格した。

主な出身者

音楽部門

舞踊部門

  • 大岩淑子(プレルジョカージュ・仏)

演劇部門