ジュンパ・ラヒリ

読書

ジュンパ・ラヒリ

じゅんぱらひり

Jhumpa Lahiri

1967年ロンドン生まれ。両親はカルカッタ出身のベンガル人。子供の頃に渡米してロードアイランド州で育つ。大学でルネサンス美術の学士を取得。

研究助手をする傍ら書いた「病気の通訳(原題:Interpretor of Maladies)」が99年のO・ヘンリー賞を受賞。

初めて出した短編集「停電の夜に(原題:Interpretor of Maladies)」ヘミングウェイ賞とニューヨーカー紙の新人賞を受賞。

2000年ピュリツァー賞を受賞。

ニューヨークに在住。

著書

病気の通訳

停電の夜に

その名にちなんで