スマートフォン用の表示で見る

ジョー・カーナハン

映画

ジョー・カーナハン

じょーかーなはん

Joe Carnahan(1969-)

映画監督プロデューサー脚本家

略歴

製作費わずか7,300ドルで『ブラッド・ガッツ』を自主製作しデビュー。続く『NARC ナーク』でトム・クルーズにその才能を認められ*1デヴィッド・フィンチャーの後釜として『M:i:III』監督に大抜擢される。ところがクルーズとの意見の相違から、撮影開始直前に降板の憂き目にあう*2

しかし雌伏の時を経て、『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』で復活。返す刀で『バーニー・レイクは行方不明』のリメイクに着手するが、主演のリース・ウィザースプーンが撮影開始五週間前に降板、企画凍結の憂き目にあう。

それでもノンフィクションパブロを殺せ 史上最悪の麻薬王VSコロンビアアメリカ特殊部隊』の映画化『Killing Pablo』や、ジェイムズ・エルロイの原作に挑む『White Jazz*3など、今後の話題には事欠かない、要注目の映画作家である。

リドリー・スコットトニー・スコット兄弟プロデュースによる映画版『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の監督に起用された。

フィルモグラフィー

*1:『ナーク』に感銘を受けたクルーズはエグゼクティブプロデューサーとして自分の名前を貸している。

*2:クルーズは直ちに『宇宙戦争』に鞍替え。結局『M:i:III』はJ・J・エイブラムスが手がける事となった。

*3:またも主演予定のジョージ・クルーニーが降板。

*4クライヴ・オーウェン主演、BMWの短編プロモーション映画の一編