ジョー・コール

Joe Cole

イングランド代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Joseph John Cole (ジョセフ・ジョン・コール)

生年月日 : 1981年11月8日

出身地 : Islington, London Borough of Islington (イズリントン、ロンドン

身長・体重 : 176cm・73kg

ポジション : オフェンシブハーフ、両サイドハーフ、両ウィング

所属クラブ

1998〜03 : ウェストハム・ユナイテッドFC

2003〜10 : チェルシーFC

2010〜13 : リヴァプールFC

2013〜 : ウェストハム・ユナイテッドFC  ※2013年1月4日に移籍

経歴・プレースタイルなど

イングランドU-16・18・21代表歴あり。イングランド代表デビューは2001年5月25日の親善試合メキシコ戦。

2002年日韓ワールドカップに招集され1試合出場、2006年ドイツワールドカップでは全5試合出場し1得点を記録、そして2010年南アフリカワールドカップでは2試合に出場している。

ウェストハム・ユナイテッドのユースアカデミー出身。パスセンス・テクニックは素晴らしく高速ドリブルを駆使するアタッカーで左右のハーフやウィングもこなす。

1999年1月、ファーストチームデビューし一躍脚光を浴びる。一時期伸び悩んだときもあったが、2003-04シーズンにチェルシーFCに移籍し、翌2004-05シーズンにジョゼ・モウリーニョが監督に就任すると今までのセンスに得点力も増し、クラブチームイングランド代表ともに欠かせない存在になる。

2010年7月、チェルシーFCとの契約延長に合意せずリヴァプールFCへ移籍する。2010-11シーズンのプレミアリーグ第1節アーセナルFC戦 (2010年8月15日) で1発レッドカードの退場をくらい3試合出場停止になるなどリヴァプールFCになかなか馴染めず、2011-12シーズンにはフランスのリールOSCレンタル移籍となる。

2013年1月、古巣のウェストハム・ユナイテッドへ3年契約で移籍した。