ジョー・サッコ

マンガ

ジョー・サッコ

じょーさっこ

Joe Sacco アメリカ漫画家。1960年、マルタ島生まれのアメリカ人。

1歳で家族とオーストリアに移住して少年時代をすごす。73年にアメリカにわたる。

オレゴン大学でジャーナリズムを学ぶ。ジャーナリストとして働くがうまくいかず、趣味だったマンガを描きはじめる。

1988年にヨーロッパに旅し、湾岸戦争の模様を自伝的なマンガに描く。

1991〜92年にかけてパレスチナに滞在。1993年〜95年にかけてその記録を『パレスチナ』として9分冊で刊行。1996年にアメリカ図書賞を受賞。2001年には『パレスチナ』は1冊本として刊行され、エドワード・サイードが序文を書いた。

また、ボスニア紛争を描いた『安全地帯ゴラズデ』で2001年のウィル・アイズナー賞を受賞するなど、“コミックス・ジャーナリズム”という分野のパイオニアとなっている。

パレスチナ

パレスチナ

リスト::海外コミック作家