ジョージ・バランシン

ジョージ・バランシン

(アート)
じょーじばらんしん

George Balanchine (Balanchivadze),1904-1983
コリオグラファー。バレエ・リュス出身、後にアメリカに移住し、ニューヨーク・シティ・バレエを設立。代表作『セレナーデ』『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』『アゴン』など。ストラヴィンスキーと親友で、彼とコラボレートした作品を多く残す。そのプロットレス・バレエ、抽象バレエと呼ばれるストーリーのないバレエは、「目で見る音楽」と呼ばれている。
 
グルジア人の血を引き、サンクトペテルブルクで生まれた。バレエ・リュスの慣習に従い改名。『ミューズを導くアポロ』(単にアポロ、とも)や『放蕩息子』を振付ける。1929年、ディアギレフの死後、バレエ・リュスは解散し、1933年、アメリカの財閥の資産家リンカーン・カースティンに招かれてニューヨークへ。以降、アメリカでのバレエの発展に努めた。そこでまず「スクール・オブ・アメリカンバレエ」を創立。そこの生徒たちに最初に振付けたのがあの『セレナーデ』であった。1935年に、ニューヨーク・シティ・バレエを設立した。
ダンサーに「感情をこめてはいけません」といい、ストーリーは観客の自由な想像に任せた。脚フェチ、ロリコンの気がある気がする。

新着ブログ: ジョージ・バランシン