スマートフォン用の表示で見る

ジョージ・ブレット

スポーツ

ジョージ・ブレット

じょーじぶれっと

George Howard Brett

70〜80年代のMLB選手。

右投左打、ポジションは三塁手背番号は5番。


1953年5月15日生まれ。米国ウエストヴァージニア州出身。

1971年ドラフト29位でカンザスシティ・ロイヤルズに入団。

1973年、メジャー昇格。

1976年打率.333でア・リーグ首位打者のタイトルを獲得。

1番打者としてシーズン200安打以上を2度記録など、リードオフマンとして活躍。

1980年、シーズン打率.390を記録。2度目の首位打者を獲得。

打率3割9分以上を65年ぶりに記録し、4割に最も近い男として知られる。同年、ア・リーグMVPを受賞。

1985年ディック・ハウザー監督の下、フランク・ホワイトらと共にワールドシリーズを制覇する。

生え抜きの巧打者として、1970年代、1980年代にかけてロイヤルズを支えた。


1990年打率.329で3度目の首位打者を獲得。

1992年、通算3000本安打を達成。

1993年、現役引退。

MLB史上唯一、3つの年代にまたがり首位打者を獲得した選手である。

また、通算3154安打、317本塁打、1595打点など多くの球団記録を持つ。

1994年、背番号5番がロイヤルズ永久欠番となる。


1999年、米国野球殿堂入り。

同年殿堂入りロビン・ヨーントとは親友関係で知られる。*1


現在は、ロイヤルズ副社長を務める。

*1:3番目の息子に「ロビン」と命名した。