ジョージ・ムーア

読書

ジョージ・ムーア

じょーじむーあ

George Moore (1852-1933) アイルランド生まれの詩人小説家

1873年に画家を志してパリに行き、ステファーヌ・マラルメエミール・ゾラエドゥアール・マネエドガー・ドガらと交友を結ぶ。

パーシー・ビッシュ・シェリー、テオフィル・ゴーチエ、オノレ・ド・バルザック、ウォルター・ペーターの4人の詩人小説家に多大なる影響を受ける(自伝的作品『告白』より)。

また、エドゥアール・デュジャルダンから多大なる小説技法について多大なる影響を受ける。

ロンドン文壇小説家として登場する。

その後、故郷アイルランドにUターンし定住する。ウィリアム・バトラー・イェイツやグレゴリー夫人らとダブリンアイルランド文芸復興運動に参加。

小説『湖』にて、イメージを反復させる印象派技法を取り入れ、ジェイムズ・ジョイスに影響を与えた。

晩年はロンドンで創作を続けた。