スマートフォン用の表示で見る

ジョージ朝倉

マンガ

ジョージ朝倉

じょーじあさくら

リスト::漫画家

5月11日生まれ 。おうし座О型。

フィールヤング』に『ピースオブケイク』連載中。

「(売れない)マンガ家。 このカッコ内の言葉が消える日を待ち望むだけの日々。

あーーーー家とか建てたい。」

単行本

▼ ハートを打ちのめせ!Vol.2

フィールコミックス(祥伝社) 2003年7月8日発行

シリーズ完結編。アツコ、瑠璃、そして根岸の恋の行方は?「初恋は終わらない---。」の帯のコトバが印象的。恋の結末ではなく、その過程。もう少し見ていたい、物語の余韻にひたりたくなるような、そんな作品。

▼ バラが咲いた

別フレKCDX(講談社) 2003年5月13日発行

表題作の「バラが咲いた」、デビュー作「PUNKY CAKE JUNKIE」等、懐かしの95〜96年の発表作をまとめた初期傑作選。他に「星空で目がくらむ」、「星の名前」、「青色的少年」を収録。初版と2版のあとがきが違うらしい(…)

▼ 少年少女ロマンス

別フレKC(講談社) 2002年10月11日発行

苦節7年、ジョージ初の連載モノついに単行本化。本編の第1部・4話分を収録。不器用過ぎてキチガイじみてる蘭と右京が織り成す、もどかしい愛の賛歌。とにかく右京の言動が殺人的。

▼ 少年少女ロマンス(2)

別フレKC(講談社) 2003年5月13日発行

待望の第2部より収録。新たな展開を繰り広げております。1巻でハマった人の期待を裏切ることなくどこまでも果てしなく遠いところにイっております。右京にいたっては宇宙の数式を解くまでに!(?)以下続刊!

▼ 水密桃の夜

別フレKC(講談社) 2002年5月13日発行

義兄への痛々しい想いを描いた同タイトルのほか、97〜98年の発表作をまとめたバラエティに富んだ短編集! 「水密桃の夜」、「失踪日和」、「紅いソーダ水」、「カラフル・フレーバー」、「愛の暴走」を収録。

▼ ハートを打ちのめせ!Vol.1

フィールコミックス(祥伝社) 2002年7月25日発行

恋はガチンコ(ドカッ!バキッ!スバッ!)、悩める中学生の体当たりラブを描いたシリーズの単行本化でございます。巻数ついちゃって大変です。アツコとセイジの話はVol.2に載ります。

カラオケバカ一代

フィールコミックス(祥伝社) 2002年2月8日発行

5年の歳月を経て目がつぶれるような新装丁で復活。中黒も取れました。収録作品はKC版と同じ。描きおろしも多少あり。とても「恋文」と同じ人間が描いた代物に見えません。帯コメントはなんとビックリ矢沢あいさん。

ハッピーエンド

MEPHISTO KCDX(講談社) 2002年4月12日発行

一挙300ページ丸ごと描き下ろしのジョージの大傑作。本作はあの大塚英志さんがネームチェックを担当。読み終えた後の充実感を、是非味わって欲しいです!

恋文日和(1)

別フレKC(講談社) 2001年3月13日発行

実に4年半ぶりの単行本。「こんな恋がしたかった!」と多くの方を痺れさせた快作。 「恋文日和」シリーズの「図書室のラブレター」、「あたしをしらないキミへ」、「雪に咲く花」、「ラブレター★パニック」、「郵便屋の恋」を収録。

恋文日和(2)

別フレKC(講談社) 2001年3月13日発行

1巻と同時発売。両方とも帯コメントをCharaさんが書いてて、何気にすごい。 「恋文日和」シリーズの「真夜中のFAXレター」、「コウちゃんのEメール」、「イカルスの恋人たち」の他、「夏の泡」を収録。

カラオケ・バカ一代

別フレKC(講談社) 1996年10月11日発行

初の単行本。しかし見事に絶版

希代のヴァカ漫画「カラオケ・バカ一代」シリーズの他に「フトンの詩」、「猫日和」、「星の名前」を収録。