ジョーゼフ・ピューリツァー

一般

ジョーゼフ・ピューリツァー

じょーぜふぴゅーりつぁー

Joseph Pulitzer

アメリカジャーナリスト 

1847年4月10日、生まれ。1911年10月29日、死去。

ハンガリーのマコーでユダヤ人の家庭に生まれる。

アメリカ合衆国に移住しミズーリ州セントルイスで新聞社を経営。1883年ニューヨーク・ワールド紙を購入し、人間の興味の物語、スキャンダルおよびセンセーショナリズムへ移し部数を伸ばし、アメリカで最大の新聞になった。

1885年下院議員となる。

1911年サウスカロライナ州チャールストンの湾の彼のヨットで死去。彼の意思により遺産によりコロンビア大学ジャーナリズム大学院ピューリツァー賞設立された。