スマートフォン用の表示で見る

ジョアン・ジルベルト

音楽

ジョアン・ジルベルト

じょあんじるべると

Joao Gilberto (1931- )

ボサノバを作った人。ボサノバの神。20世紀を代表する音楽家の一人。

1958年に「シェガ・ヂ・サウダージ」で発表したボサノバブラジルのミュージシャンに多大な影響を与え、その後、全世界的に広まった。職人肌ゆえか極度に神経質な面もあり、ホテルに一人で暮らし、えんえんと7,8時間もギターを弾いてるらしい。来日時も、ホールの空調を止めるように指示した。

2003年9月に初来日し、日本人ファンを大感動させて帰っていった。2004年にも再度来日。

Discography