スマートフォン用の表示で見る

ジョアン・セーザル・モンテイロ

映画

ジョアン・セーザル・モンテイロ

じょあんせーざるもんていろ

映画監督

1939年2月2日生まれ。フィゲレイダ・フォス地方の共和制主義者、すなわち反サラザール政権を掲げる人々の住む地域に生まれ育った。15才からリスボンに住んでいたが、父親の死後、職を転々とし、日刊紙「レプブリカ」紙に職を得た。1960年にパリに滞在した後、リスボンに戻り、映画批評などを書いたりしながら、放浪生活を送る。その後、グルベンキャン財団の奨学金を得てイタリアへ、次いでロンドンに留学した。

財団の融資で、ポルトガルの代表的な詩人童話作家についての短編『ソフィア・デ・メロ・ブレイネル・アンドレセン』(1969)を皮切りに、短篇『死人の靴を待つものは裸足で死ぬ』(1970)、10カットだけで構成された中編『未完成の映画の断片・聖家族』(1972)、ポルトガルの74年カーネーション革命についての政治的考察のドキュメンタリー『あの武器で何をしたのか?』(1975)、ポルトガルの民話「白い花」をもとにした寓話である長編劇映画『細道』(1975〜1977)、『三つのローマ人の愛』『二人の兵士たち』『金持ちと貧しい人』(1978〜1979)と三つの短篇を撮った後、中世を舞台に男装した少女兵士の物語『シルヴェストレ』(1981)を発表する。

ラウラ・モランテ主演の『海の花』(1986)でサルサマジョーレ映画祭審査員賞を受賞、さらに監督・主演で中年文筆家ジョアン・デ・デウスの奇行を描く『黄色い家の記憶』(1989)を発表、ヴェネツィア映画祭銀獅子賞を受賞する。その後、テレビ中編シリーズ『四元素』の一編『ラスト・ダイビング』(1992)や、『黄色い家の記憶』の主人公デウスを主要キャラクターに、アイスクリーム・パーラーの主人の奇行を描く『神の喜劇』(1995)を発表、またもヴェネツィア映画祭銀獅子賞に輝いた。短篇『ジョニー・ギターとの散歩』(1996)の後、『J.W.の腰つき』(1997)を完成、マル・デル・プラタ映画祭国際批評家賞を受賞した。以後、ジョアン・デ・デウスを主人公とする三部作の完結篇『神の結婚』(1999)、ロベルト・ヴァルザーの戯曲の映画化である『白雪姫』(2000)、『行きつ戻りつ』(2003)を撮る。2003年2月3日に癌のため、リスボンで死去。