スマートフォン用の表示で見る

ジョシュ・バーネット

スポーツ

ジョシュ・バーネット

じょしゅばーねっと

米国出身の総合格闘技選手。プロレスラー

第10代「キング・オブ・パンクラス無差別級王者。

Profile

本名
Joshua Lawrence Barnett
生年月日
1977年11月10日
出身地
アメリカワシントン州シアトル
身長
1m91cm
体重
116kg:
得意技
ヒールホールド
入場曲
愛をとりもどせ!!(アニメ北斗の拳OPテーマ
所属
フリー(AMCパンクレーション)

経歴

PRIDE以前】

1996年に総合格闘家としてデビュー。

1999年の2月には、第2回アブダビコンバットの98キロ級および無差別級出場。マーク・ケアーに敗れる。

同年9月、スーパーブロウル13においてヘビー級トーナメントに出場し、優勝。翌年2月のスーパーブロウル16ではダン・スバーンに勝利する。

2001年6月には、UFC 32に出場し、元・パンクラス無差別級王者セーム・シュルトを撃破。翌年3月のUFC 36では、王者ランディ・クートゥアをTKOで下し、UFCヘビー級王座を獲得。史上最年少記録を打ち立てた。(しかし、薬物検査に陽性反応が出て王座剥奪。本人は薬物使用を否定している)

2003年1月4日の、新日本プロレス東京ドーム大会でプロレス初参戦。当時のIWGPヘビー級王者永田裕志に挑戦するが、慣れぬプロレスルールに手こずり、3カウントで敗北。

同年5月2日の、新日本プロレス東京ドーム大会では、総合格闘技ルールで、元・KOTC無差別級王者ジミー・アンブリッツからタップアウトを獲り勝利。

同年8月には、パンクラス両国大会において、近藤有己とキング・オブ・パンクラス無差別級王者を懸けて対戦。見事勝利し、第10代パンクラス無差別級王者となる。その後、同年10月13日の新日本プロレス東京ドーム大会において高橋義生を相手に防衛。大晦日の「猪木祭り」では前王者のセーム・シュルト相手に2度目の防衛に成功している。

PRIDE時代】

2004年2月に、新日本プロレスと正式に所属契約。同年5月22日には、K-1 MMA Championship ROMANEXに出場し、レネ・ローゼから勝利した。

しかし、同年10月31日に出場したPRIDE28でミルコ・クロコップと対戦した際、マットに手を付いたはずみで左肩を脱臼。1R46秒で、初のタップアウト負けを喫する。

翌2005年10月23日。PRIDE30においてミルコ・クロコップと再戦。見た目にも調整不足は明らかであったが、体格差で圧力をかけ、最終ラウンドまで戦い抜く。しかし判定は0-3で敗北。対ミルコ・クロコップ戦2連敗となってしまった。

2006年PRIDE31において中村和裕戦でPRIDE初勝利 無差別GPへのチケットを手にした(新日本プロレスでの契約の試合はこれが最後)

PRIDE2006無差別GP開幕戦エメリヤーエンコ・アレキサンダーに激闘の上勝利。マイクで「プロレスが世界最強であると証明する ヒョードル オマエハモウシンデイル」と皇帝狩りを宣言 。

2006年7月1日2ndラウンドでは元K-1王者マーク・ハントを無傷で倒し、決勝まで勝ち進む。

ミルコ敗戦後、フィジカルトレーニングに勤しんでおり いわゆるオタク体系からリアルケンシロウといってよいほど変貌を遂げている。

2006年9月10日ファイナルラウンドでは「柔術マジシャン」アントニオ・ホドリコ・ノゲイラと対戦。ダイナマイトでのノゲイラvsボブサップにおいて盟友ボブ・サップの敗北に「オマエハモウシンデイル!」とジョシュが挑発して以来の因縁であるが試合も両者 柔術キャッチレスリングの技術の粋を披露し一進一退の攻防の上 わずかな判定でジョシュが勝利をもぎ取った。

 

決勝はミルコ・クロコップ ミルコシウバを1R5分でKOほぼダメージ無しの状態でスタミナ面で不利を否めないが健闘 しかしミルコの猛攻の前に無念のタップアウト.惜しくもGP準優勝となった。

 

2006年は10月のPRIDE初のアメリカ興行でパウエル・ナツラと大晦日のアントニオ・ホドリコ・ノゲイラとの再戦を含め7試合行っており

オフィシャルサイトでの投票で2006年のMVPに選ばれている2007年3月ズッファ社(UFCの親会社)がPRIDEを買収

PRIDEとの契約期間はMMAに参戦できなかったため2007はIGFにプロレス参戦(6・9・12月)とパンクラスにキャッチルールでの参戦となった。

2008年はIGFでオリンピック柔道メダリスト小川直也プロレスルールで対戦し1勝1敗のイーブン。

PRIDE以降】

 戦極−SENGOKU−第一陣で同じくメダリスト吉田秀彦との対戦MMAルールで1Rバックドロップを極め、3Rクロスヒールホールドからヒールホールドでタップを奪い勝利した。

 同じく戦極第二陣では、親友ジェフ・モンソンと戦い3R判定勝ち アフリクションではペドロ・ヒーゾから2R左フックでUFC時代のリベンジを果たした。

2009年はギルバートアイブルを3RTKOに追い込み、ヒョードルへの挑戦権を得ている。


ニックネーム遍歴

本人はプロレス誌に「世界最強のオタク」と書かれるほどマンガやアニメが好き。

中でも北斗の拳グラップラー刃牙(「バキ」)がお気に入りである。

アメリカ時代は「BabyFace Assassin(童顔の暗殺者)」と呼ばれていたが、

ファンから「青い目のケンシロウ」という愛称で呼ばれていた。

新日時代は「青い目の新日本」「青い目の闘魂」 

当初PRIDEでは「世界を駆けるベルトコレクター」「世界最強のオタク」というニックネームであったが

愛をとりもどせ!!」での入場が定着し「蒼い瞳のケンシロウ」と改めなおされた


IT利用

ネット好きで、格闘ファンのフォーラムに以前はしばしば登場。

公式サイト(英語)http://joshbarnett.tv/

のほか、

マイスペースブログ http://blogs.myspace.com/capturedsuplex

twitter  http://twitter.com/JoshLBarnett

などを活用している。

【ネット上の参考リンク】

ジョシュ・バーネット in秋葉原

http://www.slcn.jp/josh.html


電脳サブカルマガジン・ロングインタビュー

http://www.ocn.ne.jp/game/og/18-dennou/interview.html

http://www.ocn.ne.jp/game/og/18-dennou/interview2.html

http://www.ocn.ne.jp/game/og/18-dennou/interview3.html


関連キーワード

リスト::プロレスラー

リスト::格闘家

ジョシュ・バーネット
目次