スマートフォン用の表示で見る

ジョゼフィーヌ

一般

ジョゼフィーヌ

じょぜふぃーぬ

マリー・ジョゼフ・ローズ。1763年〜1814年。

ナポレオンがこう呼んだのでそれで定着している。

ナポレオン・ボナパルトの最初の結婚相手。マルティニク島出身。

ボーアルネ子爵と16歳で結婚して1男1女を得るがいろいろあって離婚。ついでにフランス革命恐怖政治の影響で投獄される。前夫ボーアルネ子爵は処刑されたが、テルミドールの反動後に出獄、社交界入り。

総裁政府の大立て者の一人、バラスの愛人となる。

その後、やっぱりいろいろあって1796年に6歳年下のナポレオンと結婚する。1809年に子のない故をもって離婚されたが、なおもナポレオンとの文通はあった。

ナポレオン退位後の1814年に、パリ郊外のマルメゾンの館で亡くなった。

互いに浮気があったりはしたが、ナポレオンは基本的には彼女のことを愛していたと思われる*1

子供たち

長男ウジェーヌはナポレオンの副官として働き、バイエルン王女と結婚、イタリア副王に任じられている。

長女オルタンスはナポレオンの弟ルイ・ボナパルトオランダ王)と結婚、後のナポレオン3世を生んでいる。

*1:エピソードは省略するが