ジョチ・ウルス

地理

ジョチ・ウルス

じょちうるす

13世紀から18世紀にかけて、黒海北岸のドナウ川クリミア半島方面から中央アジアのカザフ草原、バルハシ湖、アルタイ山脈に至る広大なステップ地帯を舞台に、チンギス・ハーンの長男のジョチの後裔が支配し興亡した遊牧民族国家。一般的にはキプチャク・ハン国として知られている。