スマートフォン用の表示で見る

ジョニー・ベンチ

スポーツ

ジョニー・ベンチ

じょにーべんち

Johnny Lee Bench

MLB選手。

通称「Little General」。「史上最高のキャッチャー」。

右投右打、ポジションは捕手背番号は5番。


1947年12月7日生まれ。米国オクラホマ州出身。

1965年ドラフト2位でシンシナティ・レッズに入団。

1967年、メジャー昇格。

1968年ナ・リーグ新人王を受賞。

強肩・強打の正捕手として活躍。

1970年ナ・リーグMVPを受賞。1972年、2度目のナ・リーグMVPを受賞。

1976年、ワールドシリーズMVPに輝く。

ビッグレッドマシン」の一角を担い、1970年レッズ黄金時代に大きく貢献した。

また、生え抜きのスター選手として絶大な人気を誇り、1970年代、1980年代のレッズを支えた。


1983年、現役引退。

実働17年間で通算2158試合に出場、2048安打、1376打点を記録。オールスターゲーム出場回。


1986年、背番号5番がレッズ永久欠番となる。*1

1989年、米国野球殿堂入り。


引退後は野球解説者、プロボウラーとして活躍。

2000年、米国大学野球界で最高の捕手に贈られる賞が「ジョニー・ベンチ賞」と命名される。

*1レッズ背番号5番はウィラード・ハーシュバーガー?背番号として1940年から1942年まで一度永久欠番となっており、実質2度目である。